キャッシングやローンの延滞には気を付けよう

カードローンやキャッシングの利用状況については、信用情報機関に登録されます。この期間は複数あり、いくつかに加盟している業者もあれば、一つだけに加盟しているところもあります。いずれにせよ、取引の過程はそれらの機関に登録され、加盟している業者は与信の際などに閲覧することができます。そこで気を付けておきたいのが延滞です。数日程度の遅れで、そのことが機関に登録されることはありません。しかし、2か月以上も返さないとなると、そのことは事故記録として、機関に登録されてしまいます。これは、いわゆるブラックリストと呼ばれる状態です。そうなると、他社のカードローンに申し込んだとしても、審査には絶対に通りませんし、住宅ローンなども組むことができなくなってしまいます。事故記録は、5年ほど残るため、新たに借り入れをすることができるのは、その記録が消えた後です。また、事故記録が消えたとしても、事故を起こした会社では、社内で独自に記録を管理していますから、過去に事故を起こした人に対して融資を行うことはないでしょう。
このように、返済を怠ることで受ける不利益はとても大きくなっています。これを避けるためには、きちんと滞納をしない範囲での利用を心がけることと、収入をどのようなことに使用するかを管理することが必要です。また、少しでも返済が遅れそうな場合などは、すぐに連絡するなどして、心象を悪くしないことも重要なことです。