消費者金融と銀行系ローンの違い

お金が必要な際には各種金融機関を利用することになりますが、テレビCMやインターネットでは様々な業者がキャッシングやカードローンの広告を展開しています。たくさんあることから選ぶ際には迷いがちですが、これらの業者は基本的に大きく分けると2つとなり、メガバンクやその他の銀行が提供する銀行系と、消費者金融などのノンバンク系がそれにあたります。両者にはそれぞれ違いがあり、まず銀行系は低い金利で融資を受けられることが特徴で、貸金法の総量規制にひっかかることがないのでまとまった金額を借りることができ、比較的長期返済のローンを借入れるときに利用することが多いです。もちろん短期間で返済することもできますから様々な利用方法が可能ですが、審査にかなり時間がかかったり条件が厳しいことも多いです。対して消費者金融などのノンバンク系のものは比較的簡単に審査が通ることが特徴で、少ない金額の場合最短では融資を申し込んだその日のうちに利用することもできます。まとまった金額を借りることも可能ですのでこちらも様々な利用方法があるのですが、しかし金利に関しては高めに設定されていることが多く、あまり長期的な借入れを行うと支払い続ける金利も大きな金額になるので注意が必要です。消費者金融では貸金法の総量規制により年収の3分の1までしか借りることができないことが多いのですが、利用者の事情や信用力、その他の条件によっては例外もあります。