自己破産後のカードローンはいつから可能か

カードローンなどの多重債務などにより返済が不可能になった場合、自己破産という債務整理方法をとることも多いです。債務整理のやり方にはいくつかの種類がありますが、借金を無しにできる方法としてはこのやり方が一番の近道となります。このような債務整理をおこないますと、その情報は個人信用情報に記録されることとなります。一般的にブラックリストなどとよばれることもありますが、業者など金融機関の関係者はこの記録をみて、住宅や車などのローンやクレジットカード、あるいはカードローンの審査に通すかどうかを判断しますので、ブラックリストに破産の記載が残っている間は、正規の金融機関の審査に通り借入れすることは難しいと考えたほうがよいでしょう。基本的に自己破産の場合、記載の削除は10年間が目安とされています。ですので、破産後新たにローンを組んだりカードローンを利用したい時、10年たてば可能になることになります。ですが、10年たったからといってすぐに申し込みをおこなうようなことは避けたほうがよいでしょう。この年数はあくまで目安ですので、確実に記録が消えたことを確かめてから申し込んだ方がよいからです。そのためには、現在の状況を確認するために自分の記録の開示請求を行います。開示請求を行い確実に履歴が消去されていることを確認した上で、あたらに借り入れなどをするのがよいでしょう。ただし破産をおこなった金融機関にはやはり独自に記録が残してあることが多いですので、他の金融機関で検討するようにしましょう。